備忘録

shontasist.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 08日

08/05/2011

GW最終日。
一ヵ月後に迫ったtaico用にようやくと寝床を確保できました。
ということで、ちょこっと購入までの経緯を長々と書いていきます。




大阪のアウトドアショップについて僕は詳しくはないのですが、運良く?
駅前ビルに好日山荘、ICI、ロッジの老舗大型店があります。
あと心斎橋にはユーティリティさんというナウでヤングな老舗ショップもあります。
あとは海外メーカーの路面店がちらほら。
今回のテント購入にあたってはモンベルさん、ICIさん、好日さんにてお話を色々と聞きました。

ライペン、モンベルそしてプロモンテの3つに絞っていった結果、プロモンテ VL13といたしました。
市場では上記した国産3メーカーのほかにMSRやNEMOイクイップメントあたりの海外メーカーが主流らしいです。
他にブラックダイヤモンドやらヒルバーグあたりもナウでヤングな層には人気らしいです。
ただ、如何せん大阪では見られるところがあるのか分かりません。

基本的には自立してシンプル・スピーディ・そしてライトが重点ポイントでした。
当初はモンベルのストラリッジを考えていたのですが手に取ると結構重く・・・。
ICIのスタッフにマンツーマンで30分ほど色々と講義を受ける中、ライペンとプロモンテに絞られました。
そして話を聞いていく内に前室があると非常に使い勝手がよいとなり、一人で使用するため
内部を広く取れるダブルウォールも必須条件となりました。
ただ、シングルウォールかダブル~かどっちを選ぶかは関東と関西で全く違うらしいです。
結露の問題だけでなく、関東ではダブル、関西ではシングルが潮流らしいです。
海外的な発想らしいのですがシングルにして寝る時にしっかり着込むといいう。
ようは、どっちを選ぼうが問題ないということでした、好みの問題と。
ふむふむありがとうございましたと言い残し、店を後にして次の店へ。

好日山荘に移りスタッフにプロモンテの設営を実際にお願いいたしました。
ポール伸ばしてインナーテントに通して立ててフライをかけて出来上がりという感じで、初めてみる
作業の一挙手一投足を見逃さないように・・・。
中に入れてもらい一人用といえど想像以上に広く、僕ぐらいのサイズの人間なら2人までは可能かな、
なんて思いました。
聞くとプロモンテはここ最近グっと販売数が増えていると、というのも独自の縫製技術により
縦横斜め全方向に強く、そして自立式ダブルウォールでは世界有数の軽さと・・・。

こいつを購入することとなりました。

他にもスリーピングマットの膨張実演やらシュラフカバーの説明やら色々懇切丁寧に説明してくれ、
山屋のおじちゃんというのはみんなこうも親切なのかとちょっと嬉しくもなりました。

さっそく家に帰って設営設営。

b0192904_2114125.jpg


ううん小さい。
こんなもんなのか、すごいな。
シートとポールが小分けされているのもパッキングには嬉しい。

おっちゃんのやり方を思い出して、インナー敷いてポール伸ばして差し込んで。
フック引っ掛けて引っ掛けてフライを被せて四隅留めて留めて・・・。
初めての設営ものの10分もかかりませんでした。

b0192904_21184037.jpg


ほほ~。
でも、やっぱりこのフライの赤はかっちょ悪いな~。

夏と秋はこいつを背負って涸沢にでも行ってきます。
楽しみ楽しみ。

go outのキャンプに行った友達が現場はMSRの見本市と化していたというくらいだから、
今回のtaicoはほんまいろんなテント見れそうだ。
楽しみ楽しみ。

最後に・・・さよならリカルドさん。
またいつか会える日を楽しみにしております。
[PR]

by shontasista | 2011-05-08 21:23


<< 22/05/2011      27/02/2011 >>